名古屋市中村区の歯医者 インプラント治療 【まつなが歯科】

HOME 名古屋市 中村区 歯医者

まつなが歯科のご案内 名古屋市 中村区 歯医者
ごあいさつ・スタッフ紹介
院内のご紹介

知っていますか?歯と体の関係 名古屋市 中村区 歯医者
人生を左右する咬み合わせ
豆知識BLOG

診療のご案内 名古屋市 中村区 歯医者
口腔インプラント・咬合治療
診療科目

インフォメーション 名古屋市 中村区 歯医者
医院概要・地図
ご質問・お問い合わせ

まつなが歯科 名古屋市 中村区 歯医者

豆知識BLOG 名古屋市 中村区 歯医者
豆知識BLOG

こちらでは、歯に関する豆知識をご紹介します。


タイトル
虫歯より恐い? 歯周炎の正体は??

虫歯より恐い? 歯周炎の正体は??
ちょっとまぎらわしいのですが、歯周炎のほかに歯肉炎(しにくえん)
歯周病(ししゅうびょう)という言葉があります。

歯肉炎というのは、歯周炎、つまり歯槽膿漏のはじまりの状態をいい、
歯周病はそれらをひっくるめて、歯を支える組織の病気全体をいいます。

だから、歯周炎のはじまりは歯肉炎で、それを放置すると、俗にいう歯槽膿漏へ進む
ということになります。

最初はこの歯肉炎からはじまります。歯と歯肉の間には小さなすき間がありますが、
そのすき間に細菌が侵入して、歯肉が炎症を起こすと歯肉炎となります。

歯肉炎は歯全体に一斉にはじまるわけではなく、たいていは歯と歯の間などの、
歯ブラシが届きにくく、汚れがつきやすい場所からはじまって、しだいに広がっていきます。

歯肉炎のうちに治療すれば、治療も簡単で、成果も上がるのですが、なんの自覚症状も
ないうえに、素人目には何も変化が見えないので、この段階で歯医者さんにかかる人は
ごく少なく、むしろ虫歯などで治療を受けに来て発見されるケースが多いのです。

そして歯肉炎は放置するとしだいに歯茎の内部を侵しはじめ、ついには歯を支えている歯槽骨を
溶かしてしまいます。

ここまで進むと、もうりっぱな歯槽膿漏で、歯槽からは膿(うみ)が漏出(ろうしゅつ)し、
いつも口臭が絶えなくなります。
そして支えを失った歯はぐらぐらと揺れ動き、ついには抜け落ちてしまいます。

ちなみに歯槽膿漏というのは、読んで字のごとく歯槽から膿が漏れる病気ですが、
それはあくまで症状であって、病気そのものの本質を表してはいません。
そこで最近では歯周炎とよばれるようになりました。

このように歯周炎は、歯が抜け落ちてしまう恐い病気ですが、かなりひどくなるまで痛みなどの
自覚症状がないため、歯を残せる段階で治療を受けることが難しいという、
やっかいな病気でもあります。

COPYRIGHT(C)2009 まつなが歯科 ALL RIGHTS RESERVED.
Catch: Thu May 30 11:21:15 2024
[jcode.pl:684:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 684.
[jcode.pl:684:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)
[jcode.pl:693:warn] defined(%hash) is deprecated at ./pl/jcode.pl line 693.
[jcode.pl:693:warn] (Maybe you should just omit the defined()?)

siteup.cgi with Perl 5.016003 for linux